設計に必要な知識


世の中には存在していないモノで、あると便利で必要としている製品を考え作ることが、設計者にとって最も重要な役目です。

  1. 設計者になるためには、机上の学習のみで習得できるものではありません。 実際に現場で設計業務を行うことで少しずつ身に付けて行くものです。 実務経験を行うことでさまざまな知識を習得できます。
  2. 設計に必要な知識は、大学の工学部などで学ぶ機械工学がベースとなります。しかし、機械工学を学んでいないから設計ができないと言うことではありません。ただし、最低限の知識の習得は必要で、いくつかの学ぶべきルールを知ることです
  • 材料力学・機械力学・材料・加工・製図・機械要素が必要になります。
  • 文系出身者でも中学高校程度の数学・物理(単位・規格・力学・形状・道具)の知識があれば大丈夫です。